【講習会】11月4日(日) 産業廃棄物・汚染土壌排出管理者講習会

 11月4日(日)技術研修センターにて「産業廃棄物・汚染土壌排出管理者講習会」が開催されました。この講習は平成22年に行われた廃棄物処理法改正の内容の周知徹底と合わせ、今一度産業廃棄物の正しい取り扱いを学び、トラブルに巻き込まれないための知識を身につけるため「公益財団法人・産業廃棄物処理事業振興財団」が開催する講習です。また、この講習はCPDS認定講習(継続学習制度)のため、修了した場合公共工事の総合評価時に加点されます。通常は東京の財団事務所のみでの開催のところ、埼玉県内最大の建設業組合である埼玉土建での特別出張講習が組合員特別価格にて実現しました。
 当日は78人の仲間がセンターを訪れ、産廃処理の元請け事業主責任が強化された事や、実際のトラブル事例を元にした、トラブルに巻き込まれないための知識などを学びました。 約2時間半の講習を終え、修了者には修了証とステッカーが手渡されました。