1


講習当日の注意事項をご確認ください。

■受付について■
 講習当日の受付開始時刻は、「午前9時00分」です。講習会場へは、「午前9時30分まで」に入室してください。講習当日「午前9時30分」の時点で、入室が確認できない場合は、原則として「欠席」の扱いとなり、講習は受講できません。
 尚、遅刻したことで「欠席」扱いとなった場合は、受講料の返還は致しません。ご注意ください。
 講習当日は、各自以下の物をご準備ください。
@受講票
 講習当日の受付で、ご提示ください。講習テキスト等を配付致します。
A筆記用具
 学習用に鉛筆・消しゴム・付箋等をご準備ください。
B昼食
 各自ご準備ください。昼食は、教室内でお取り頂くこともできます。会場周辺にも食堂等がありますので必要な方はご利用下さい。

■修了考査について■
@修了考査は、講習終了後に実施します。また、修了考査の受験資格は、講習に「遅刻」・「早退」なく全日程に出席することです。
・試験(修了考査)は60分間でおこないます。
・修了考査は、正誤式(○×式)で、全30問です。
・原則として、修了考査時間中の途中退室は認められません。
・修了考査の「追試」及び「再試」は、実施致しません。

A修了認定基準
 遅刻、早退等せず講習全日程に出席し、講習終了後に実施される修了考査において、修了考査委員会で決定される修了基準を満たした受験者(受講者)が、管理建築士講習修了者と認められます。

■講習に際しての注意点■
@第一講習(午前)・第二講習(午後)の講義開始時、休憩時間終了時、修了試験開始時にそれぞれ「出欠確認」を行います。
 「出欠確認」は、当センターの職員が目視により「本人」を確認する方法でおこないます。
 「出席」の確認が取れない場合は、「遅刻」又は「早退」とし、講習に「欠席した」とみなします。この場合は、受領済みの受講料は返還しません。
A管理建築士講習における講義や修了考査では、「不正行為」を防止するための対策が義務づけられています(省令第28条の5)。以下のような不正行為を発見した場合は、その「講習」を「受講未了」とし退場していただきます。この場合も、受領済みの受講料は返還しません。
・「迷惑行為」等により、当センターの講習運営及び進行や他の受講者の学習を著しく妨害した場合
・修了考査で、カンニング行為により解答した場合や、本人以外の者が解答した場合
・当センターが定める受講方法に従わない場合

■講習修了証の交付について■
 「管理建築士講習修了証」は、合否判定基準を満たした方にのみ、講習終了後、「約2週間程度」で、簡易書留郵便で送付致します。
 修了者の修了番号の一覧、修了認定基準の概要を、講習月の翌月末までに、当センターホームページ上に公表致します。

・紛失、汚損等により修了証の再交付が必要となった場合は、速やかに当センターまでご連絡ください。


※再交付には、申請書の提出が必要となります。ホームページからダウンロードしてご利用下さい。必要事項を記入し、NPO法人埼玉土建建築支援センターへご請求ください。また、「再交付」には、別途「再交付手数料」が掛かります。予めご了承ください。

管理建築士講習申込書